« 崔健無観客LIVE@北京 生中継 | トップページ | 2020崔健的後半年 »

2020年12月30日 (水)

この一年

 思うに任せないことがたくさんあった今年が、そろそろ終わろうとしています。しばらくはこの状況が続きそうですが、これから先、何かプラスに使えそうなことはないかな、と考えてみたのです。それで二つ、思いついたことがありました。

 一つは、「オンライン〇〇」が定着したこと。これまで電車で通っていたヨガ、勉強会、ミーティングなど、オンラインでできるようになり、こりゃあ便利!!と思っていたら、見たかった映画、行きたかった音楽イベントやトークショーなど、いろいろなことが家にいながらにして楽しめるようになりました。毎年集まっている大学の同窓会も、来年はオンラインになりました。交通費と時間が大いに節約できて、ありがたいことこの上ないです。もちろん、直接会って、触れ合ってのほうがいいこともたくさんありますが、そうでもないことはこれからもオンラインで充分なんじゃない?と思う次第です。

 もう一つは、「マスク」。確かに煩わしいです。特に夏は暑くて大変でしたね。でも、私は毎日電車に乗っていますが、今年は風邪をひいている人が例年に比べ明らかに少ないです。咳やくしゃみをしている人が、いつもなら電車の中なら一両に何人もいますが、今年はまったく見かけないのです。それはみんながマスクをしているおかげなんじゃないでしょうか。マスクで風邪やインフルエンザが防げるのですから、これからはいつも、「電車の中ではマスク」という習慣にしてはいかがでしょうか?というか、私は必ずそうします。同じ理由で、手の消毒のためのスプレーボトル、あれも公共の場所には常に置いて欲しいです。マスクや消毒で感染予防ができるのですから、安いものだと思います。

 一方で、未だに理解できないこともいくつかあります。たとえば「不要不急の外出」、というのはどういうことを言うのでしょうかね。人によって基準がまちまちで、曖昧な言葉だと思います。私から言わせれば、疲弊した人々の生活を底上げする気がないのに「GO TOキャンペーン」をやることなんてえのが、いちばん不要不急だったんじゃないでしょうか。。。いやはや、この調子で書いていくと、現政権の悪口三昧になってしまうのでこのくらいにしておきます。私のこの一年の生活感のほとんどは、ぼうごなつこさんの漫画「100日で崩壊する政権」に集約されています。

 私の仕事も大きな影響を受けており、来年の先行きはあまり明るいものではありません。それでも目の前のことを直視して、対処していかなければなりません。数年後に振り返ったときに結果はどうあれ、せめて後悔のないように、とは思いますが、さてどうなるでしょうか。

 れいわ新選組のボランティア活動のほうは、おかげさまで楽しく続けています。このごろは「ゆるキャラの中の人」をやっており、毎週いい週末を過ごしています。twitterで「@rekun2021」と検索してみてください。そちらへのコメントをいただければボランティアチーム一同励みになります。

 今年はブログ更新が少なかったのですが、「細く長く」をモットーにこれからもやり続けたいと思っています。どうぞ来年もよろしくおねがいします。

 

 

 

 

|

« 崔健無観客LIVE@北京 生中継 | トップページ | 2020崔健的後半年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 崔健無観客LIVE@北京 生中継 | トップページ | 2020崔健的後半年 »