« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年1月

2021年1月 2日 (土)

2021崔健ニューアルバム情報!

 新年早々に好消息!今年の春に崔健のニューアルバムが出るということが尤尤の微博で公表されました。それと同時に、年越ロックフェスを主催した「迷笛」(20年前に設立した音楽学校)のFMが、インタビューを発表。早速見てみました。

https://www.bilibili.com/video/BV1YX4y1T7Qs

 大まかな内容としては次のとおりです。「ニューアルバムの内容は、前作”光凍”と同様にメロディアスな曲が主体。4、5年前に書いたもので、自分自身がこの世界に感じる抑圧、愛、恨など表現したいものから逃避せず、本音を書いた。ラップはすでに自分ではやり尽くした感があり、今でも好きだが今回はロックの方式に則った。資本主義的な主流文化に迎合することはしないが、自分の音楽を長く忠実に聞いてくれている人たちが満足してくれればいいと思っている。自分も主流文化から離れすぎているとは思っていない。自分には表現の場があるのだから。自分自身を代表することしかできないが、自分の団体(バンドやプロモーション会社のことでしょう)には責任を負いたい。自分よりももっと主流文化から離れている人たちには敬意を表したい。以前、若者は永遠に正しい、と言った。作品はどんな年代にも聞いてほしいし、若者が多ければうれしいが、そうはならないだろう。自分自身の最大の努力で作品を世に出すだけである。若者には”関注個体(個に注目せよ)”という言葉を伝えたい。”群体(群れや団体)”にはあまり注目するな、偽りの現象が多すぎるから」

 気になるアルバムのタイトル(?テーマ?)は「飛狗」(空飛ぶ犬?まさか天狗?)らしいです。今年の春、と言っているということは、過去の実績からすると来年の秋頃発売か???と、私たち「長年の忠実なリスナー」は想像してしまいますね。ステイホーム中にたっぷり時間があったので間に合いました、ということになって欲しいものですが、いずれにしても一つ楽しみが増えました。

Dsc_0135

12月12日のネット中継ライブより

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

2020最美的夜晩

 2021年あけましておめでとうございます。

 崔健が参加した大晦日の年越ロックイベントは浙江省で開催されましたが、他にも年越番組がネットで公開されました。

640_20210101111601

https://www.bilibili.com/bangumi/play/ep376293

 通称「B站」ことbilibili、中央テレビ他何社かの媒体が共同で制作している、4時間にもわたるオールスター番組のネット放送です。ここでは「飛了」と「假行僧」をアコースティックでやっており、このところの何回かのプログラムと重ならない選曲で、しかもいつもと違ったテイストにしている演出の丁寧さがファンには嬉しいところ。キーボードもなく、古筝のかわりにエディがギターで雰囲気を出していますね。画面上のコメントに「観客が若すぎてついていけてない」との意見多数。確かにそうでしょうね。それでも「假行僧」の出だしを合唱しているというのはすごく力づけられます。

 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »